今や時代はCAD

CADとは、設計図を書く時にパソコンを使用するものと考えてください。
現在、パソコンではデータとして様々なソフトやシステムを応用しています。
例えば文字の場合はWord、表などはExcelを使用して便利に書くことができます。
そして、設計図はCADを使用することで、複雑なものを描いたり、計算もできるソフトもあります。

CADの種類はとても多く、フリーソフトのものから何百万円もかかってしまう高度なもの、複雑な設計図が描けるものもあり、その場面に合わせたもので使い分けることができます。

なんでもパソコンでデータ処理をする時代ですから、CADを扱うにしても、ある程度のパソコンの知識が必要になります。
そして、このCADを扱う方はオペレーターと言われるくらい、使いこなしが必要とされています。

では、CADオペーレーターは設計者と言ってよいか?というと、設計の知識がある方が操作するときにはそう呼ぶことができますが、設計者とは別にコンピュータ援用設計と言う場合があります。

これは設計の知識がとても深い方でなくても、パソコンの知識があればある程度の設計もできてしまうからです。
簡単なものであれば、建築士の資格でない方でもCADを操作することで、設計図を作ることができます。
ですから、大きなビルや建物を設計するのではなく、小さな建物を素人が設計したいという時でも、CADの知識を持っているとできてしまうことになります。
ですから、CADを使用する設計者ということは間違いないことです。



●Special LinK
高いデータ互換性を提供しているAuto CADソフトです ・・・ Auto CAD

Copyright © 2014 CADとは? All Rights Reserved.